悪い顔つき、いい顔つき

癌を判別する際に使う用語に「ステージ」と「グレード」というものがあるそうで。

確かに「ステージ」というのはよく聞くのですが、
つまりは「病期」のことで、体内にどれくらい転移しているか・・
ってことらしい(簡単に言うとですがね)。

それに対して「グレード」というのは
「癌の顔つき」といわれていて、
どれくらい悪いやつか・・ってこととのこと。

顔つきのいい癌は、たまたまできても
手術などで取っちゃったらおしまいで、
顔つきの悪い奴は
たとえ、今は一つしかなくてもすごい勢いで体中に広がる・・みたいな。
(しつこいですが、簡単に言えばですよ)

先週、病理が専門の(人間用)ドクターとたまたまお話したのですが
「ステージよりグレードの度合いが重要」ってなことをおっしゃってました。

 

 

前置きが長くなりましたが
みにょんのがんの検査結果が出たのです。

グレード3(最悪な顔つき)になる可能性があるグレード1(いい顔つき)と2の間だそう。

まったくもって微妙な結果。
安心もできず、
かといって数カ月しか残されていない・・というわけでもなく。

 

子犬のみにょんは最高にかわいい
(親ばかですみません)

 

明日は(犬用)ドクターと今後の治療について話し合う予定です。

(まなみ)

#みにょん  #肥満細胞腫

    前の記事

    腸内環境

    次の記事

    ジェネリックに救われる