噂通りの

ついに咲きました。
幸福の木の花が。

一見すると一つの花のように見えるかたまりが、
実は数十の花の集まりなのです。

そうして恐れていたこの花の匂い・・。

決して嫌なにおいではないのです。
がしかし、いかんせん強すぎます。
(一度に咲く花の数が多いからなのでしょうか)

例えるとジャスミンやカサブランカ(ゆり)をもっともっと強くしたような香り。
あまりに強烈でクラクラしてきました。

かわいそうではありますが、
とてもじゃないけど、
この香りの中で食事はできないと
切り落とすことにしました。

私は触るのも怖いのでウラサワに頼んだのですが
彼も「触りたくない」そうで。

なんだかんだともめながら
みにょんの散歩時に愛用しております
「におわない袋」に入れ、
固く口を縛りお別れすることに。

 

先日は東京の友人に「くさや」を送っていただき、
これまた強烈なにおいでした。

世の中にはまだまだ未知の世界が待っているのですね。

 

(まなみ)

 

 

    前の記事

    5歳

    次の記事

    私だって